Amazonマーケットプレイスでライザーカードを注文してから届くまで

Amazonマーケットプレイスでライザーカードを注文してから届くまで

日本においても5月下旬頃から仮想通貨のマイニングが活況を呈しています。

ライザーカードはマイニングに必要なパーツの中では安価な部類ですが、PCショップ等での取り扱い数が少なく、欲しいときにすぐ入手し辛いのが現状です。
そのため、ライザーカードを国内に居ながら入手するには、海外の通販サイトから個人輸入するか国内の通販サイトに出店している海外業者から購入するかのどちらかが主になります。

今回は後者にあたるAmazon.co.jpのマーケットプレイスへ出店している中国の業者からライザーカードを購入した際の注文から到着までをご紹介します。


Advertisement

HBER

HBERという出品者から「HBER 1X〜16X PCI-E Expressライザーカード拡張ボードケーブルUSB 3.0アダプターSata 15 Pin – 4 Pin電源ケーブル50CM (黒)」というライザーカードを3度に渡って購入しました。

このライザーカードですが、現在では999円で販売されているためやや割高感があります。

私が購入した時には今よりも安価で販売されており、なおかつ特別キャンペーンが利いたというのが決め手です。
また、当時はマーケットプレイスでライザーカードを販売している出品者が少なかったということもあり、選択肢は多くありませんでした。

1回目の注文

初めての注文は5月29日でした。
早速その翌日には発送の連絡が届きます。

発送は中国邮政でお問い合わせ番号も連絡されています。

そこから数日が経ち、日本郵便のページに反映されたのが6月2日。
最終的には6月10日に商品を受け取りました。

期間にすると到着は注文から12日目、2週間弱といったところです。
配達や商品にトラブルはありませんでした。

2回目の注文

2回目の注文は特別キャンペーンの関係から小口で複数回の注文を入れました。
6月6日に注文をし、6月8日には発送の連絡があります。
ちなみに複数注文は全て同梱して発送されました。

今回の注文はタイミングが良かったのか、配達状況の反映、そして到着も早く、注文から9日目で受け取ることができました。

3回目の注文

3回目の注文は6月12日。
状況は2回目とほぼ同様です。

注文から発送までは即日でしたが、配達状況が確認できたのは6月16日のことでした。
到着までは1回目と同様、注文から12日目の受け取りとなりました。

注文から到着までは、およそ2週間を見積もっておく必要がありそうです。

ガジェットカテゴリの最新記事