Canonから1本の大口径中望遠レンズ、3本のTS-Eレンズ、そしてEOS M20が発表されるという噂

Canonから1本の大口径中望遠レンズ、3本のTS-Eレンズ、そしてEOS M20が発表されるという噂

Canonが近日中に複数の新製品を発表するとの噂です。
これらの発表は8月下旬が予想されています。


Advertisement

EF85mm F1.4L IS

Canonの大口径単焦点レンズはリニューアルを望む声が多くありますが、そこに新たなラインアップが加わるようです。
85mmのF1.4に手振れ補正付きとなると、レンズメーカーを見ても他社には無い唯一無二のレンズとなります。

判明している仕様

  • 最短撮影距離:85cm
  • 重さ:950g
  • フィルター径:77mm
  • 最大径:88.6mm
  • 全長:105.4mm
  • 手振れ補正(4段分)
  • フッ素コーティング
  • モールド非球面レンズを1枚搭載
  • 絞り羽根枚数:9枚

TS-E50mm F2.8L Macro(名称未確認)

1991年に発売された「TS-E45mm F2.8」がLレンズとしてリニューアルされるようです。

TS-E90mm F2.8L Macro(名称未確認)

こちらも1991年に発売された「TS-E90mm F2.8」がLレンズとしてリニューアルされるようです。

TS-E135mm F4L Macro

TS-Eレンズとしては新しい焦点域のレンズです。
135mmのティルト・シフトレンズはNikonにもありません。

EOS M20(EOS M10後継機)

EOS M20という名称であるか定かではないものの、EOS M10の後継機が登場するようです。
EOS M6やEOS Kiss X9に近いスペックになると予想されています。

ガジェットカテゴリの最新記事