ソニー銀行の外貨預金優遇制度と振込手数料月1回分キャッシュバックの取り扱い方法が改定されます

ソニー銀行の外貨預金優遇制度と振込手数料月1回分キャッシュバックの取り扱い方法が改定されます

12月7日にソニー銀行から一部のサービスが改定される予定との発表がありました。

Sony Bank WALLETの記事でも紹介しましたが、ソニー銀行には外貨預金優遇制度というサービスがあります。
今回改定されるのは、この外貨預金優遇制度と、他行宛ての振込手数料が月に1回分までキャッシュバックされ実質無料になるというサービスの2つです。


Advertisement

外貨預金優遇制度の改定

新しい外貨預金優遇制度の中身は住信SBIネット銀行のスマートプログラム(仮称)を意識したもののように感じます。

ステージ名称の変更

これまではステージ対象外を除くと下からステージ1、ステージ2、ステージ3の3つのステージがありました。
これらのステージがそれぞれシルバー、ゴールド、プラチナへと名称が変更されます。

改定前 改定後
ステージ3 プラチナ
ステージ2 ゴールド
ステージ1 シルバー

ステージ判定方法の変更とステージアップの廃止

プラチナ、ゴールドでは、従来のステージ3、ステージ2の判定方法から変わりありませんが、これまでのステージ1にあたるシルバーでは大きな変更点があります。

ステージ1の判定方法は月末の外貨預金残高が300万円以上500万円未満あることでした。
新しい外貨預金優遇制度では、月末の総残高が300万円以上あるか、外貨預金の積立購入を月間で5万円以上行えばシルバーとなります。

シルバーの判定方法のポイントは、外貨預金残高ではなく総残高であるため、円預金や投資信託等も対象になる点です。
外貨預金残高については円換算額のため、恐らく投資信託等についても評価額での判定になるものと思われます。
また、外貨預金の月間5万円以上の積立購入は、これまでステージが1段階上がるステージアップの対象でしたが、シルバーの判定方法のひとつとして組み込まれたため、事実上の廃止となります。

ステージ 判定方法
プラチナ 月末の外貨預金残高が1,000万円以上
ゴールド 月末の外貨預金残高が500万円以上1,000万円未満
シルバー いずれかで判定

  • 月末の総残高が300万円以上
  • 外貨預金の月間5万円以上の積立購入

優遇特典の比較

それぞれのステージにおける優遇特典をまとめてみました。

対象外 シルバー ゴールド プラチナ
振込手数料 無料回数
Sony Bank WALLETなし
月1回 月3回 月5回 月10回
振込手数料 無料回数
Sony Bank WALLETあり
月2回 月4回 月6回 月11回
ATM手数料 無料回数
セブン銀行・イオン銀行以外
月4回 月4回 月4回 制限なし
外貨送金(仕向け送金)手数料
無料回数
0回 0回 月1回 月3回
Sony Bank WALLET
キャッシュバック率
0.5% 1.0% 1.5% 2.0%
Sony Bank WALLET
海外ATM利用料 無料回数
月0回 月1回 月3回 月5回

表に載せたATMの利用手数料は、セブン銀行ATMとイオン銀行ATM以外の提携ATMで出金を行う場合の無料回数です。
入金についてはこれまで通りどの提携ATMでも回数に関係なく無料となります。

また、海外ATM手数料は1回あたり1.76%の手数料と海外ATM利用料の216円がかかります。
優遇特典で無料となるのは、この内の海外ATM利用料の216円の部分のみのため注意が必要です。

いつから新しい外貨預金優遇制度が始まるのか

新しい外貨預金優遇制度が始まるのは2016年の1月からです。
しかし注意点があり、正しくは2016年1月末の判定分が2016年3月から適用されます。
つまり、新しい外貨預金優遇制度の恩恵を授かることができるのは2016年3月1日からとなる予定です。

他行宛て振込手数料無料化の改定

キャッシュバックによる実質無料を廃止して完全無料化

これまでソニー銀行では他行宛ての振込手数料は月に1回まで無料という扱いでした。
しかし実際は、振込実行の際に振込手数料にあたる216円が引き落とされ、翌月にその216円が口座に返還されるというキャッシュバック方式でした。

サービスの改定後、振込手数料の無料回数分については一切の手数料が不要となる完全無料方式へと変更されるため、今後は一時的に振込手数料が引き落とされることもなくなります。

振込手数料の無料回数分は、Sony Bank WALLETの所持や外貨預金優遇制度の適用により、最大で月に11回まで増やすことが可能です。

振込手数料が完全無料になるのはいつからか

振込手数料の無料回数分がキャッシュバック方式から完全無料方式へ変更されるのは、2016年1月4日午前5:00からです。

ファイナンスカテゴリの最新記事